プロミス 学生ローン

MENU

カードローン利用は年収や職業により利用できる金融機関が決まる

★概要
銀行のカードローンを利用するには、ある程度の年収が必要になるようです。一方消費者金融では安定した収入があれば借入れが可能になる事から、アルバイトやパートの人は消費者金融の方が利用をしやすいと言えます。
年収や職業によって利用できる金融機関は決まって来ると言えるでしょう。

銀行カードローンの中には、利用する為の条件として明確な金額で年収制限を行っている所もあります。またそれ以外の銀行では継続的な安定収入を条件にしていますが、基準となる金額は明記されていません。それでも高額借入れが可能となる銀行カードローンである事から、ある程度の基準がある事は容易に予想ができます。

 

申込みをする際には、消費者金融では50万円を超える金額の際に必要となる収入証明書ですが、それぞれの銀行で定められた一定の金額の借入れ限度額を超える時には必要になります。
銀行では総量規制が適用されない為に、年収の1/3を超えても借入れができる事では消費者金融にない利用のメリットと言えます。

 

 

【大手銀行カードローンを利用する為に必要な年収】

 

銀行カードローンは低金利で利用できる代わりに、利用をする為にはそれなりの属性を求められる事が多いです。その為に人によっては審査で断られる場合もあります。一般的な流れで言うと銀行のカードローンは消費者金融よりも借り難い金融機関という事になります。

 

銀行カードローンを利用するには一定の年収が必要になりますが、オリックス銀行とりそな銀行ではその基準を明記しています。オリックス銀行では200万円以上が必要となり、りそな銀行では400万円以上と高い基準となっています。それ以外の銀行についてもある程度の年収が必要になるようです。

 

また収入証明書の提出が必要になる金額については、どの銀行でも明記をしています。三井住友銀行では300万円までの借入れならば収入証明書の提出が必要ありません。また同じくメガバンクである三菱東京UFJ銀行では、100万円を超えると収入証明書の提出が必要になります。それ以外の銀行でも同じような金額が収入証明書の提出のボーダーラインとなっています。その範囲は100万円〜300万円となっています。

 

 

【パート主婦やアルバイト学生にオススメのカードローン】

 

銀行カードローンは低金利なので、誰もが利用を希望するところでしょう。それでも銀行ではある程度の年収がある人を対象としています。一定の基準に達しない場合には審査に通らない事も多いです。パートやアルバイトである場合には、銀行の求める年収に達していない可能性が高いと言えるでしょう。

 

一方消費者金融では、年収の多さよりも継続して安定した収入を得ている事を重視しています。その為に年収がそれ程多くなくても借入れる事が可能になっています。そういう点を考えるとパートやアルバイトの人には銀行よりも消費者金融の利用をお勧めします。

 

また自営業の経営者では、ある程度の年収があっても銀行の審査に通らない事もあるようですが、消費者金融では安定した収入があると見て貰えるようです。

 

 

【申し込んだその日に借入れするなら、アコムとプロミスは便利】

 

申込みをした日にキャッシングをする為には、審査が迅速に行われる事が条件となります。審査の早さでは消費者金融の方が銀行よりも定評があります。特にアコムやプロミスでは平日の申込みは勿論ですが、土日である事で在籍確認が難しい場合でも、代替となる方法で即日融資に対応をしてくれます。
借入限度額を抑えたり、会社が発行する健康保険証の提示で在籍確認とみなす事で、休日の急な出費にも借入れが可能となります。

プロミス 学生ローン